×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クレンジングオイルとは

きれいに施したお化粧も、毎日きちんと落とさなければ、肌を汚すことになってしまいます。お化粧を落とさずに、また次の日新たにメイクする、ということを繰り返していると、毛穴はどんどん汚れてしまいます。最近のクレンジングでは、使いごこちのよさと落ちのよさから、オイル状のものがよく使われるようです。クレンジングオイルは、お化粧汚れはもちろん、大気中の汚染物質や皮脂汚れなども落としてくれます。

毎日のスキンケアで使うものですから、肌に負担にならないような、できる限り良質なものを選ぶほうがいいでしょう。油汚れは、石鹸などで落とすよりもクレンジングオイルを使用した方が効果的で、簡単に落とせます。界面活性剤が多く含まれているクレンジングオイルは、汚れがオイルによって浮いた状態にされた後、水と混ざり合って肌の上に浮く働きをします。

そういうわけで、洗い流した後がさらっとしていて、洗い心地の良い仕上がりになるのです。しかしこの滑らかな感触が、つい肌の上でクレンジングオイルを必要以上に塗りまわしてしまいがちです。そうする事によって、取らなくても良いものまで奪ってしまう恐れもあります。普通のオリーブオイルを使ってクレンジングするよりも簡単で、使用感が良いところは確かに人気を呼ぶでしょう。

けれどもその強力なクレンジング力は、大切な肌の保湿成分をも失わせかねないので、乾燥肌、敏感肌の人は使い方をよく考えて、ひどい場合は使用を控えたほうがいいかもしれません。

関連サイト


クレンジングオイルの界面活性剤

界面活性剤というと肌に悪いという印象をもたれがちですが、クレンジングオイルにも含まれるように、油分と水分を混ざりやすくし、お化粧落しにはなくてはならない成分です。このような界面活性剤の働きがなければ、油性の汚れを落とすことはできません。界面とは、異質物質同士の接触した面をいっていて、例えるなら水と油ですね。

クレンジングオイルは油を落とす力が非常に強いので、使いすぎると肌にとって必要な油分までも落としてしまう場合があります。油や汚れを落とすものの中でも石鹸には、界面活性剤が含まれていません。界面活性剤の質が悪いと、湿疹ができたり、お肌のトラブルをおこしやすくなるので、クレンジングオイルを購入する際は気をつけなければなりません。

クレンジングオイルで洗顔後にぬるぬるした感じが残るようであれば、それは界面活性剤なのできちんと洗い流さなければなりません。合成界面活性剤というものがありますが、こちらは科学的に作られた界面活性剤であり、肌表面のバリアを壊してしまいます。合成海面活性剤は、逆に肌への悪影響が報告されていて、これはもう悪いだけでは済まされません。

それは私たちの身近な問題で、大気汚染などをおこすという事実がわかっている、ということなのです。クレンジングオイルを購入する際は、こういう点も頭に入れて、成分表示をしっかり調べておきましょう。クレンジングオイルには、界面活性剤を使用していないものもあるので、自分の肌質を考えて、そのようなものを選ぶといいでしょう。


リンク集1
リンク集2
Copyright © 2008 クレンジングオイル All rights reserved.
- ホームページSOS -